ホーム未分類耐震基準法のお話

こんにちは。名古屋市緑区にある素朴なスタッフだらけの工務店、
日興住宅です。住まいのあれこれを配信しています。

いきなりですが、

戸建てにお住まいの方に質問です。

 

『お住まいの建築年を覚えていますか?』

 

即答できた方ステキ!
オーマイガッ(--)ゆうべのご飯も思いだせない・・・

みなさん聞いたことあるかもしれませんが、

現在の「耐震基準法」は『1981年6月1日』から始まりました。
このへんに建てられた方ですと、わが家は一体どっちの基準??と心配になりますよね。

記憶をたどるヒントをちょこっと♪

 

《1981年(昭和56年)のできごと》

●アメリカでスペースシャトル「コロンビア」打ち上げるも空中分解
●秋田空港が開港
●ロッテ「雪見だいふく」と赤城乳業「ガリガリ君」発売
●なめ猫ブーム
●寺尾聰「ルビーの指環」大ヒット

ちなみにわたしは雪見だいふく派。外のお餅がもう少し分厚くても♡て思うけど、でもきっと絶妙な黄金比だからいいんだ!。。あ待って、もし逆にお餅が中に入ってたら?Wow~お餅めちゃ多っ!アイス少なっ!

・・しまった耐震と全く関係ないぞ。

img_gari(ガリガリ君ホームページより)

 

さて

この施行日以降に建てられたものが「新しい耐震基準」を満たした建物になるんですが、、、正確に言うと少し違うようです。

 

施行日以降に建築確認を受けた建物が新基準の適応

 

・・どういうこと??

 

通常は「建築確認」を受けてから着工し、木造住宅の場合は完成まで約3、4カ月ほどかかります。
もし上記の6月1日時点ですでに着工していたら、この建物は「旧耐震基準法」になります。

※建築確認とは
建築基準法などの規定に適合しているかどうかを、国が確認審査すること。これに通れば工事に着手できる。

 

ちょっとややこしいですが、まとめると

『1981年9月~10月頃』完成した家から
が「新しい耐震基準法」適応になります。

この機会に、お住まいの建築図面を確認してみるといいかもしれません。わが家の情報を調べておくと、今後メンテナンスする時にとても役立ちます!

 

皆さまのお住まいが素敵になりますように 😀

プチリフォームから増改築、注文住宅、エクステリア、不動産売買まで
名古屋市緑区徳重にある日興住宅までお気軽にご相談ください。

í
up