ホーム › ブログ

ゴールデンウィーク休業のご案内

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記につきましてお休みとさせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2017年5月3日(水)~5月7日(日)まで

 

事務所ショールーム工事のご案内

日頃より日興住宅をご愛顧いただきまして

誠にありがとうございます。

ただいま事務所をリニューアル改装中につき

大変ご迷惑をおかけしております。

工事期間中も変わらず営業しておりますので

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ!

 

なお、リニューアルOPENは5月下旬予定です。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

日興住宅 スタッフ一同

創業35周年祭りのチラシ、おかげさまで大好評!

おかげさまで弊社は創業35周年を迎えました!

皆様方に感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

 

今回35周年記念として

●無料アフターメンテナンス

●「それゆけ!DIYお助け部」を新規立ち上げ

など、初めてご利用くださる方から大切なお客様まで、限定企画が盛りだくさん!

この機会にぜひ、お気軽にご相談ください!

 

 




冬期休暇のお知らせ

弊社の冬期休暇は

12月29日(木)~ 2017年1月5日(木)

とさせていただきます。

 

本年も大変多くのお客様にご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

スタッフ全員、さらに気合いを込めて来年も全力でがんばります!ので

どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様方にとって素敵な2017年となりますように。

 

感謝をこめて   日興住宅スタッフ一同

 

窓から勝手に出入りしている「寒さ」が見過ごせない件②

みなさんこんにちは。名古屋市緑区にある味わい深い工務店、日興住宅です。住まいのあれこれ配信しています。

今日も寒い! おや、今日もお宅の窓から「寒さ」が出入りしていますね。

こりゃいよいよ見過ごせません。というわけでさっそく登場してもらいましょう!


暑さ戦士『インプラスブルー!!』


 

・・・はい?

 

あれは昨年の夏。

猛暑から人間を守ろうと、必死に戦う戦士たちに・・出会ったのでした・・。
※そんなに壮大ではありません。

なぜにブルーなの?など詳しくは→ コチラ

所属団体リクシルからやって来た戦士『インプラスブルー!』
なんと今ある窓の上に、もう1枚窓を付けるというのです。

sj4600_0022

この『インプラス』は、暑さも寒さも防ぐオールシーズン戦士、だからこの時期は

寒さに絶大な力を発揮 するのであります!
外の寒さを窓が食い止めてる!

sj4600_0009

sj4600_0005 

 

 

おぉ!寒さの不法侵入を見事に防いでいます。

 

◆他にもある!得意技の数々◆


【結露の防止】
毎朝せっせと拭く手間がいりません。
結露発生を防ぐことで、にっくき「ダニ・カビ」も防げます!


sh5200_0011

 【防音効果】
寒さ暑さだけじゃなく、窓から『音』も出入りしているようです!
じゃあ日常の音ってどれぐらい?


 sh5200_0016


『インプラス』は、図書館と同じレベルの静かさ

ついでに、騒音について小ネタを・・
●「生活騒音」勝手にランキング
1位)犬の鳴き声 90~100デシベル
2位)人の大声  88~99デシベル
3位)ピアノ   80~90デシベル
4位)目覚まし時計64~75デシベル
5位)掃除機   60~76デシベル

●騒音の「騒」文字の成り立ち
右側はもともと「蚤(ノミ)」の字が使われており、
ノミがついた馬がイライラして引っかく様子から
できたよう。

●「最も音の大きい群衆の叫び声」ギネス記録
世界一位)2013年アメリカ
NFL(ナショナルフットボールリーグ)の試合にて
137.5デシベルを記録。

 
【目隠し効果】
外からの視線が気になるあなたにピッタリ!

sj4600_007

くまちゃんも優しく隠れるスリガラスにできます。

sh5200_0075

このようにブラインドが内蔵されているタイプもあります。

 

こうして戦士たちの戦いはまだまだ続く・・

熱き戦いの記録をこれからもお伝えしていきます!

 

皆さまのお住まいがもっと素敵になりますように :-D

住まいのことなら何でも!日興住宅までお気軽にご相談ください。

 

 

窓から勝手に出入りしている「寒さ」が見過ごせない件①

こんにちは。名古屋市緑区にある落ち着いた工務店、日興住宅です。
すまいのあれこれ発信しています。

 

だんだん寒くなってきましたね。

寒さLOVE な方もいるでしょうが、多くの方はどちらかと言えば「寒いのちょっと苦手・・」だと思います。そこで今回は、どのお家にもある
『 窓 』からやって来る寒さに注目してみます。

しかし、窓をピッチリ閉めているのに勝手に入ってくるとは。

しかーも!せっかく暖房した熱が、窓からスタコラ逃げ出してるらしい。

不法侵入に逃亡・・もはや事件です。



窓から逃げ出す熱ってどれくらい??


ykk2

 

(YKK APホームページより)

 

なななんということでしょう!

★お家から流出する熱ランキング

1位)窓  52%
2位)外壁 19%

なんと半分以上が窓から逃げ出してます・・。

窓まわりで冷やされた空気が、重さにより床に大集合。
暖房してるのに足下が寒い原因のひとつがコレです。

 

 

 

日本では、現在ある住宅の窓の多くが

『アルミサッシに単体ガラス』

ですが、これは戦後に普及されたもので、その普及率は9割にのぼりました。
それ以前は『木製サッシに単体ガラス』でした。
1990年代ごろからは

『アルミサッシに複層ガラス(ペアガラス)』

が普及し始め、2014年には新築住宅の96.7%がこの複層ガラスを採用しています。
そして現在ではアルミサッシの他に

『樹脂サッシに複層ガラス(ペアガラス)』

がジワジワと普及し始めました。

 
アルミサッシは熱伝導率が非常に高いため、
暑さも寒さも伝わりやすいというデメリットがありました。


xaaaa-h16-076-1_0007

最近普及しはじめた樹脂サッシの熱伝導率は、なんと
アルミの1400分の1とのこと!
(ちなみに断熱性だけで言えば、木製サッシがナンバーワンだそうです)

ykk

 

ということで、ここまでおさらい。

①家が寒い大きな原因のひとつが『窓』
②寒さをくい止めるには『窓』の対策が有効らしい
③『窓』の対策にはサッシとガラスを何とかするのが効果的みたい

次回は、不法侵入と逃亡の対策についてお送りします。

みなさまのお住まいがもっと素敵になりますように(^u^)

こだわりの注文住宅いよいよ完成!

名古屋市南区にてご依頼いただいた注文住宅が
もう少しで完成します!

dsc_0305

東濃ひのきの構造材や発泡ウレタン吹付など、頑強で暖かい家になっています。

お施主様のこだわりが詰まった、とても素敵な注文住宅。

完成が楽しみです♪

ニコ夫の調査報告 「ヒートショック」

こんにちは。名古屋市緑区にある素朴すぎる工務店、日興住宅です。住まいのあれこれ配信しています。

 

だんだん寒くなりましたね。

本格的に寒くなる前の今!ぜひ知ってほしい!ということで・・

当社の名探偵「ニコ夫」から緊急報告をお伝えします。

 

【出演】 8-) 名探偵ニコ夫
:-o 通りすがりの坊や

 

8-) やっほー♪ 名探偵のニコ夫だよ。

「ヒートショック」について調べたから聞いてくれる?

 

8-) 大人の都合で、顔が前回と違っているけど気にしないでね。

※前回登場の顔が見たい方は → こちら♡

 




 

8-) さてみんな、暖かい場所から急に寒いエリアに行くと「ゾクッ」とする時ってあるよね。実はそれが「ヒートショック」なんだ。 え?僕に会ってもなる?・・こりゃまいった「ニコオショック」!!(大爆笑)

 :-o ほんとだ今ゾクっとした。

 

8-) や、やあ坊や!また会ったね。今「ヒートショック」について報告するところだよ。

 :-o ショックって?なんかこわいよ~。

 

8-) ハハ!坊やには刺激的かな。じゃあやさしく言うね。

 :-o うんありがとう名探偵さん!

 

8-) 寒い場所でゾクっとする時、体の中ではこうなっているんだ。
①体温を奪われないように血管を『縮ませる』
②その結果、血圧が『上がる』

 :-o すごーい。体って偉いね!

 

8-) そそ。でね、暖かい場所に行って体が温まると反対に「血管が広がって血圧が下がる」。これで何が問題かというと、血圧が急激に上下するとき心臓に負担をかけてしまうんだ。日常生活や運動でも上下するんだけど、特に寒い時期に血圧が急変動する作業がある。それが・・

 :-o え~なんだろ?・・・おフロかなぁ?

 

8-) せ、正解・・すごいね坊や。脱衣所やおフロは、血圧が急激に変化しやすく危険がいっぱいなんだ。

 :-o そっか脱衣所は寒くておフロ場は暖かい。この激しい温度差のせいで血圧が大きく上下するんだね!しかもアツアツのお湯にいきなり浸かったら・・血圧が急に上がっちゃうね!

 

8-) その通り。ちなみにトイレでも「ヒートショック」の危険があるんだ。寒い中でおしりを出すからね・・。

 :-o おしり!! 大変だ!おしりを出したしんちゃんが危ない・・。

 

8-) アッハハ!坊や。「ヒートショック」はご高齢者がほとんどだから、しんちゃんはこれからもおしりを出してOK♪

 :-o わ~いまたひとつ平和が守られたね♡

 

8-) フッいいぞ坊や。心臓に大きく負担がかかると、心臓や脳の働きを急激に低下させてしまう。これが「ヒートショック」でとても危険なことなんだ。

 :-o ぼくも新聞で見た。確か「ヒートショック」が原因で亡くなる人は年間1万人以上もいるんだよね。その多くが12月~2月。

 
shikokushinbun

 

8-) し、新聞!! ・・あの坊やさま、絵本の間違いじゃ・・?

 :-o 経済新聞にも書いてあったよ。
 欧米では家にボイラーを設置して、その熱を『すべての部屋に行き渡らせる』ことで家の中の温度を一定にする『セントラルヒーティング』方式を取り入れている。比べて日本はその時使う部屋だけ暖房する。だから別の部屋が寒いままで「ヒートショック」が異常に多いんだ。

 

8-) ぼ、坊やだよね?一応確認 ・・・ あのぅ、日本でもセントラルヒーティングのようにどの部屋も温度を一定に保つ仕組みはできないのでしょうか?

 :-o 実際に取り入れている家もあるけど、じゃあうちも、とはいかないかも。でも、「ヒートショック」を防ぐ方法はあるから安心して!大規模なシステムを導入しなくても予算に合わせていろんな手段があるから、またニコ夫さん調べてくれるとうれしいな。
最後に、「ヒートショック」は寒いとき多発!けど防げるから大丈夫!
ご静聴ありがとうございました。


あ、ママだ!ママ~~!


 

8-) ・・・。

あと、「ヒートショックプロテイン」という言葉もあるけど、これは、体が熱などのストレスにさらされた時に発生する細胞の名前。ヒート=熱、ショック=刺激、プロテイン=たんぱく質、のことで、細胞を保護してくれる役割があるんだって。

 

 

坊やの完璧なコメントにまたしても歯ぎしりの名探偵。

ニコオショックでスベった傷もそのままに、また調査に繰り出すニコ夫であった!

 

皆さまのお住まいがもっと素敵になりますように :idea:

小さなリフォームから大改修、建替え、新築や不動産対策まで、名古屋市緑区にある日興住宅までお気軽にご相談ください。
í
up